賃貸物件を借りる時は、マンションかアパートの二種類がありますがそれぞれメリットやデメリットがあります。

礼金の価格について

マンションとアパートの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
進学就職の季節を迎えるころは、賃貸住宅市場が活発に動く時期です。
賃貸住宅を探す時に、アパートで探すか、マンションで探すのかを迷う方も多いのではないでしょうか。
実は両者の法律による明確な定義はありません。
世間一般の印象で、アパートは低層階で世帯数も少なく家賃が安い、マンションは世帯数も多く家賃も高いと言った印象があります。
違いは、構造になります。
アパートは木造、マンションは鉄筋にて作られているものをそのように呼びます。
どちらに住むのもそれぞれメリットやデメリットがあります。
賃貸マンションを選ぶメリットは、建物の強度が強いことです。
鉄筋で作られているため、隣近所への音の伝わりを多少は軽減できます。
また家事や地震などの災害時にも鉄筋のほうが安心です。
賃貸アパートに住むメリットは、マンションと比べて家賃が安いことです。
また近頃の賃貸アパートは間取りや、設備が充実している物件も増えてきており、分譲マンションや一戸建てのような感覚で生活できる物件も多くみられるのです。
近頃の賃貸アパートやマンションのトレンドも、昔と変わりつつあります。
若い方は、シェアハウスという形態に興味関心を持つ方が増えているのです。
それはリビング、キッチン、お風呂、トイレを共用とし各プライベートルームを持って生活するというスタイルです。
海外では、このように知らない人と一つ屋根の下に住むということが珍しくはありません。
ルームメイトを募集して、家賃を折半することで家賃を浮かせることができるからです。
日本でもそのように、家賃を抑える目的でシェアハウスを選ぶ方もいらっしゃいます。
また見ず知らずの人と共同生活をすることが、興味深い、面白そうだと考えている方も多いのです。
普段なかなか出会う確立の少ないような方とも、親しくなれたりもします。
また一人ではないので、防犯面でも安心という意見がきかれます。
その要望を受けて、古い賃貸アパートをシェアハウスに改築する動きも、見られるようになってきました。

Copyright (C)2014礼金の価格について.All rights reserved.